更新情報

スポンサーサイト

--年--月--日(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  編集  |  Top↑

【ドラマ】あいくるしい 動画 全話無料で視聴できます!

2009年11月01日(日)

【ドラマ】あいくるしい 


【第1話】はじめて流した涙
【Veoh】

【Ku6】


【第2話】炎の兄弟愛
【Veoh】

【Ku6】


【第3話】母親の命の言葉
【Veoh】

【Ku6】


【第4話】妻が夫に愛される理由~その時子供達は泣いた
【Veoh】

【Ku6】


【第5話】家族最期の思い出~僕達は母さんから生まれた
【Veoh】

【Ku6】


【第6話】さよならのバトン
【Veoh】

【Ku6】


【第7話】家族のチーム力
【Veoh】

【Ku6】


【第8話】恋におちる家族
【Veoh】

【Ku6】


【第9話】家族の崩壊
【Veoh】

【Ku6】


【第10話】愛してるのサイン
【Veoh】

【Ku6】


【第11話】(最終話)なみだのバトン
【Veoh】

【Ku6】




【ドラマ情報 Wikipediaより】
放送:2005年4月10日~6月26日 TBS系
脚本:野島伸司(『101回目のプロポーズ』『ひとつ屋根の下』『高校教師』プライド』など)

内容:
舞台は静岡県伊豆市と伊豆の国市。
田舎町に暮らす7人家族「真柴家」の絆と成長を描く本格派ホームドラマ。同時に真柴家の次男・幌が自分を含めた7人の「虹色の戦士」を探してゆく過程も描いており、そんな彼らの友情物語としての側面も持つ。
物語の全体としては幌の目線で語られており、実質的な主役は神木隆之介演じる幌である。しかし、ドラマ本編のエンドロールや新聞・雑誌の番組表では幌の兄・姉役の市原隼人綾瀬はるかが筆頭に上げられていたため、早い段階から両者のファンの間から不満が噴出し、特に綾瀬はあの『世界の中心で、愛をさけぶ』以来の連続ドラマで、しかも前作に引き続き石丸彰彦プロデュースであったがために、期待感とその後の失望感が増幅されてしまった。
またドラマの中では、真柴家はもちろんのこと「虹色の戦士」のそれぞれの家族、さらには真柴家の一家の長である徹生の同級生たちとの関わりなどを描こうとするあまり、結果としてサイドストーリーがてんこ盛り状態となってしまう。視聴者側の見方をすれば、「目まぐるしく場面が変わり、ひとつひとつのシーンの描き方が不十分」「登場人物が多すぎるのではないか?」「せっかく実力のある役者を揃えたのに、もったいない使い方をしている」などの意見があったという。
TBSにおける野島ドラマでは、過去の洋楽の名曲を主題歌に据えるのが定番である。今回、主題歌にはジャクソン5時代のマイケル・ジャクソンの名曲を採用したのだが、当時のマイケルは性的虐待疑惑で「被告」の身であった。ドラマ放送期間中の2005年6月13日に「無罪」を勝ち取るのだが、TBSや所属のレコード会社は、以前のような楽曲のプロモーションがほとんど出来ず、ドラマにとってマイナスに作用してしまう。また野島ドラマの作品群の中ではややおとなしめの展開だったせいか、何か物足りなさを感じる野島ドラマのファンが少なからずいたようである。
このように「大人」からは批判の多かった作品ではあったが、ストーリーが進むにつれて「虹色の戦士」の世代に近い視聴者からの支持の声が大きくなっていった。公式HPのBBSでは「虹色の戦士」への共感に、批判を繰り返していた「大人」たちはただただ驚き、やがて批判は下火になっていくのであった。

ランキングが上がる事が気持ちの支えになります。・゚・(ノ∀`)・゚・。
ご協力お願いしますぉ( ;∀;)
ブログランキング
18:32  |  ドラマ  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
コメント
パス  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://neotsudayan.blog89.fc2.com/tb.php/88-ad548c16
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。