更新情報

スポンサーサイト

--年--月--日(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  編集  |  Top↑

【ドラマ】東京タワー ~オカンとボクと、時々、オトン~ (連続ドラマ) 動画 全話無料で視聴できます!

2010年01月19日(火)

【ドラマ】東京タワー ~オカンとボクと、時々、オトン~ (連続ドラマ)


【第1話】オカンとボクと時々オトン~親子の別れ
【Pandora】

【Pandora】

【56.com 1/3】

【56.com 2/3】

【56.com 3/3】


【第2話】涙の別れ後
【Pandora】

【Pandora】

【56.com】


【第3話】祖母の最期
【Pandora】

【Pandora】

【56.com】

【56.com】


【第4話】病いの宣告
【Pandora】

【Pandora】

【56.com】


【第5話】最後の旅行
【Pandora】

【Pandora】

【56.com】

【56.com】


【第6話】オカン上陸
【Pandora】

【Pandora】

【56.com】

【56.com】


【第7話】オカンの心、ボク知らず
【Pandora】

【Pandora】

【56.com】

【56.com】


【第8話】時々オトン~家族の絆
【Pandora】

【Pandora】

【56.com】


【第9話】将来の約束
【Pandora】

【Pandora】

【56.com】


【第10話】最期の選択
【Pandora】

【Pandora】

【56.com】


【第11話】(最終回)涙の最期
【Pandora】

【Pandora】

【56.com】



【ドラマ詳細情報 Wikipediaより】
放送:2007年1月8日-2007年3月19日 フジテレビ 月曜日21:00 - 21:54

概要
2007年1月8日から2007年3月19日まで毎週月曜日の21:00-21:54(JST)にフジテレビ系列月9枠で放送されていた連続ドラマである。
初回視聴率が歴代月9ワースト2位の14.2%(1989年放送の「同・級・生」以来、19年振りの15%割れとなった。)と低調なスタートとなったが、最終回は最高18.1%を記録した。
原作者リリー・フランキーの母校、武蔵野美術大学が実名で登場し、撮影も同大学で行われている。ただし、ドラマ上で「ボク」は「視覚伝達デザイン学科」卒業となっているが、リリーフランキー自身は舞台美術などを学ぶ「空間演出デザイン学科」卒業である[1]。ちなみにドラマで美術を担当したフジテレビ・鈴木賢太も武蔵野美術大学空間演出デザイン学科の卒業で、リリーの後輩にあたる。
アメリカ合衆国でもフジテレビがケーブルテレビで放送した。

キャスト
速水もこみち
広田亮平
香椎由宇
平岡祐太
柄本佑
児玉真楽
高岡蒼甫
チェン・ボーリン
石黒賢
朝加真由美
山崎裕太
松田昂大
斉藤洋介
久保田磨希
深浦加奈子
山田明郷
りりィ
星野源
赤木春恵
佐々木すみ江
浅田美代子
泉谷しげる
倍賞美津子

スタッフ
原作:リリー・フランキー
脚本:大島里美
プロデューサー:中野利幸
演出:久保田哲史、谷村政樹
音楽:澤野弘之、河野伸

ランキングが上がる事が気持ちの支えになります。・゚・(ノ∀`)・゚・。
ご協力お願いしますぉ( ;∀;)
ブログランキング
10:33  |  ドラマ  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
コメント
パス  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://neotsudayan.blog89.fc2.com/tb.php/789-d39c8921
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。