更新情報

スポンサーサイト

--年--月--日(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  編集  |  Top↑

【映画】パコと魔法の絵本 動画 無料で視聴できます!

2009年12月31日(木)

【映画】パコと魔法の絵本


【56.com 1/2】

【56.com 2/2】


【56.com 1/2】

【56.com 2/2】



【映画詳細情報 Wikipediaより】
『パコと魔法の絵本』(パコとまほうのえほん、英: PACO and The Magical Book)は、2008年製作の日本映画。

概要:
2004年に全国8都市で公演された後藤ひろひと原作の舞台『MIDSUMMER CAROL ガマ王子vsザリガニ魔人』を、『下妻物語』や『嫌われ松子の一生』などの監督を手がける中島哲也が、長編日本映画としては初めて3DのフルCGと実写を駆使し、新たな解釈で映像化。
キャッチコピーは「子どもが大人に、読んであげたい物語。」。

あらすじ:
そう遠くはない昔、あるところに変人ばかりが集まる病院があった。

院内一の嫌われ者で偏屈な「クソジジイ」と呼ばれていた大貫は、ある日パコという少女と出会う。彼女にも意地悪に接することしかできない大貫は、紛失した純金のライターをパコが盗んだと誤解して頬を引っ叩き、泣かせてしまう。
翌日、大貫は再びパコと出会うが、パコは大貫のことを覚えていなかった。パコは事故で両親を失い、彼女だけは奇跡的に助かったが、事故の後遺症でたった1日しか記憶を保てないという記憶障害を持っていたのだ。
今日起こった出来事は、明日になれば全て忘れてしまう。その翌日も、何事もなかったかのように大貫に近づいて来たパコだったが、彼が自分の頬に「触れた」ことは覚えていた。
パコと接していくうちに彼女の記憶に“何か”を残すことが出来るかもしれない。彼女のために“何か”出来るかもしれない。そう考えた大貫は、パコのために何か自分にできる事はないかと、病院の皆に頭を下げ、一緒にパコの愛読する絵本の演劇をしたいと懇願する。

キャスト:
大貫(ガマ王子) - 役所広司
パコ - アヤカ・ウィルソン
室町(ザリガニ魔人) - 妻夫木聡
龍門寺(ミズスマシ君) - 山内圭哉
木之元(ガマ姫・ガマ王子の母) - 國村隼
滝田(サカナ) - 劇団ひとり
堀米(ヤゴ) - 阿部サダヲ
浩一(アメンボ・ガマ王子の家来) - 加瀬亮
雅美(沼エビの魔女) - 小池栄子
タマ子(メダカちゃん) - 土屋アンナ
浅野(タニシ) - 上川隆也
包帯バンド
ボーカル - 木村カエラ
のこぎり - サキタハヂメ

スタッフ:
プロデューサー:鈴木一巳、松本整、鈴木ゆたか、甘木モリオ、石田雄治
原作:後藤ひろひと
監督:中島哲也
脚本:中島哲也、門間宣裕
音楽:ガブリエル・ロベルト
主題歌:木村カエラ 「memories(original version)」
公開:2008年9月13日
上映時間:105分

ランキングが上がる事が気持ちの支えになります。・゚・(ノ∀`)・゚・。
ご協力お願いしますぉ( ;∀;)
ブログランキング
16:51  |  映画  |  トラックバック(1)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
コメント
パス  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://neotsudayan.blog89.fc2.com/tb.php/662-aa7c38e7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

ドラマで使われるケータイたち2009年秋ドコモ編‎2009年12月29日‎ キャストや物語は前クールを引き継ぐ形で、乙女心を持つ日本男児“オトメン(乙男)”主人公 正宗飛鳥と、さまざまな武道に長けた男勝りの美少女 都塚りょうとの微妙な関係を槻..
2010/01/01(金) 07:19:47 | オトメン(乙男)

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。