更新情報

スポンサーサイト

--年--月--日(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  編集  |  Top↑

【映画】GOEMON 動画 無料で視聴できます!

2009年12月31日(木)

【映画】GOEMON


【ku6 1/2】

【ku6 2/2】


【56.com 1/2】

【56.com 2/2】



【映画詳細情報 Wikipediaより】
『GOEMON』(ゴエモン)は、2009年5月1日公開の日本映画。紀里谷和明監督作品の2作目となる。

概要:
2007年に撮影が行われ、日本国外での公開も計画されている。大泥棒・石川五右衛門を題材とした時代劇であるが、舞台設定等は歴史にとらわれずに独自の作品<パラレルワールドとしての織豊時代>となっている。監督自身の構想としては、前作『CASSHERN』製作時から既にあり、ようやく形として表現できた作品。
各界の著名人からの評判は良かったものの、製作費15億円に対して興行収入15億円(公開終了時)という結果になった(共に公式発表ではない)。
いわゆる“時代劇”にとらわれず、監督曰く「ゼロからのオリジナルストーリー」で、出演者の衣装やCGを駆使した映像など、随所で“紀里谷ワールド ”と呼ばれる個性が出た作品になっている。前作『CASSHERN』と同様に「グリーンバックでの撮影が大変だった・難しかった」と振り返る出演者も多かった。また、前作と本作は関連性はないものの、引き続きの出演者も多数いる(要潤、寺島進、佐田真由美、玉山鉄二、小日向文世、りょう、鶴田真由)。
CGを加味したアクションシーンや映像美が印象的な映画となっているが、殺陣・打撃格闘の他に、友情・恋愛・人間模様などが盛り込まれた物語を展開している。紀里谷監督の構想では続編の存在も示唆されているが、現段階では「未定の予定」となっている[1]。

キャッチコピー:
天下の大泥棒か、天下を変えたヒーローか

あらすじ:
時は戦国時代、本能寺の変により織田信長が暗殺され、日本統一の理想を豊臣秀吉が引き継いだ頃の日本。上に立つ権力者は代わっても、民衆は依然変わらぬ飢えと渇きに苦しめられていた。そんな頃、民衆の喝采を浴びていたのが大名や豪商の蔵を狙い、金銀財宝を奪っては貧しいものに分け与える義賊・石川五右衛門であった。
彼はある日とある豪商の蔵へ忍び込み、一つの小さな箱を戦利品に加えるが、あっさり子供にくれてやってしまった。ところがその箱には、織田から豊臣へと支配者が移った真相を書いた密書が秘められていたのだった。追われる身となった五右衛門は、真実を知り、どう動くのか。

キャスト:
石川五右衛門:江口洋介
少年時代:広田亮平
青年時代:田辺季正
霧隠才蔵:大沢たかお
青年時代:佐藤健
浅井茶々:広末涼子
少女時代:福田麻由子
猿飛佐助:ゴリ(ガレッジセール)
織田信長:中村橋之助
豊臣秀吉:奥田瑛二
千利休:平幹二朗
徳川家康:伊武雅刀
服部半蔵:寺島進
明智光秀:紀里谷和明
石田三成:要潤
おりん:佐田真由美
又八:玉山鉄二
我王:チェ・ホンマン
小平太:深澤嵐
吉野太夫:佐藤江梨子
夕霧太夫:戸田恵梨香
紀伊国屋文左衛門:六平直政
弥七(遊郭の番頭):小日向文世
五右衛門の母:りょう 
五右衛門の祖母:花原照子
小平太の母:鶴田真由
お吉(才蔵の妻):藤澤恵麻
蕎麦屋の店主:蛭子能収
その他エキストラ:ウド鈴木(キャイ~ン)、なべやかん など多数

ランキングが上がる事が気持ちの支えになります。・゚・(ノ∀`)・゚・。
ご協力お願いしますぉ( ;∀;)
ブログランキング
16:43  |  映画  |  トラックバック(1)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
コメント
パス  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://neotsudayan.blog89.fc2.com/tb.php/659-023164e9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

ドラマで使われるケータイたち2009年秋ドコモ編‎2009年12月29日‎ キャストや物語は前クールを引き継ぐ形で、乙女心を持つ日本男児“オトメン(乙男)”主人公 正宗飛鳥と、さまざまな武道に長けた男勝りの美少女 都塚りょうとの微妙な関係を槻..
2010/01/01(金) 07:19:56 | オトメン(乙男)

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。