更新情報

スポンサーサイト

--年--月--日(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  編集  |  Top↑

【アニメ映画】ハウルの動く城 動画 無料で視聴できます!

2009年12月29日(火)

【アニメ映画】ハウルの動く城


【56.com】


【56.com】


【ku6】



【映画詳細情報 Wikipediaより】
概要:
スタジオジブリ制作で宮崎駿監督。2004年11月20日に日本公開された。宮崎駿が監督を務めるスタジオジブリの長編映画としては『魔女の宅急便』以来15年ぶりとなる他者原作作品である。
物語前半は比較的原作に準じているが、後半は原作には無かった戦争が付け加えられるなど全く違った展開になっている。原作者のジョーンズはこれを了承し、かつ本作を絶賛した。
公開2日目で観客動員数110万人、興行収入14億8000万円と日本映画歴代最高のオープニングとなり、2005年5月1日までに観客1500万人を動員。興行収入196億円、2004年と2005年の興行成績第1位を記録し、『千と千尋の神隠し』についでジブリ史上第2位の記録を樹立した。日本国内におけるDVDとVHSを合わせたビデオグラム出荷本数は2007年5月時点で270万本。
その年の第61回ヴェネチア国際映画祭においてオゼッラ賞、翌年にはニューヨーク映画批評家協会最優秀アニメーション賞を受賞。さらにアニメーションのアカデミー賞と言われる第33回アニー賞の長編映画部門作品賞にノミネート(33rd Annual Annie Award Nominees and Winners)されたことに続き、『千と千尋の神隠し』以来となる第78回アカデミー賞にもノミネートされる等海外においても高く評価された。
世界中で公開されかなりの興行収入を得るが、アメリカでの興行はいまひとつ(興行収入2億7000万円)だった。概ね高評価であったが、雑誌『タイム』は「ストーリーを進める意志が感じられない」と批評した。
2008年 英エンパイア誌で史上最高の映画500本の中に選出された(宮崎アニメ作品としてはトップ)。
2006年7月21日の初TV放映時には32.9%(ビデオリサーチ、関東地区調べ)という高い視聴率を記録している。

あらすじ:
現実とは異なる世界を舞台に、魔法の力を与えられながら宿命の鎖に縛られた少年と、彼の優しさに気づいたことで大切な人を守るために困難を乗り越えようとする少女の姿を描く。
魔法と科学が同時に存在する時代。町の小さな帽子屋で働くソフィーは、自分に自信が持てない内気な18歳。彼女の住む王国では戦争が起きているが、それも遠い世界の話でしかない。しかし、町はずれの荒野に住む荒地の魔女の意地悪により呪いをかけられ、90歳の老婆の姿に変えられてしまう。家を出て荒地を放浪する彼女の前に現れた巨大な動く城。生きるために城の主で魔法使いのハウルに掃除婦として雇われるソフィー。
甘ったれで自信家のハウルに呆れながらも、彼の弟子のマルクルや、荒地からついてきた案山子のカブ、この城を動かしている火の悪魔であるカルシファーと家族のような時間を過ごすソフィー。風変わりなハウルとの生活に驚きながらも心を開いていくが、戦火は確実に彼らへ忍び寄っていた。戦争を嫌っていたハウルも、「ようやく守らなければならないものができたんだ、君だ」と言い残して異形の者となり戦場へ赴いていく。焼け落ちる町の様子を城から見ていたソフィーは、傷つくハウルを苦しみから救おうとカルシファーを説得し城を動かすが、逆に崩壊させてしまう。絶望するソフィーだが、目の前に残された過去への扉から彼女が忘れていた「約束」を思い出していく。
二人が出会うずっと前、星の降る夜に秘密の花園を歩く幼いハウル。光を自らの体に入れたことで二つの心臓が動き始める。同時に彼は銀髪の少女が叫ぶ声を聞く。「未来で待っている」と。呪われた運命に苦しめられてもハウルは待ち続けた事に気づいたソフィーはハウルを抱きしめるが、彼の命は燃え尽きようとしていた・・・。

原作:ダイアナ・ウィン・ジョーンズ(『魔法使いハウルと火の悪魔』より)
製作:「ハウルの動く城」製作委員会
脚本・監督:宮崎駿
作画監督:山下明彦、稲村武志、高坂希太郎
美術監督:武重洋二、吉田昇
音楽:久石譲
効果:野口透(アニメサウンド)
制作:スタジオジブリ
配給:東宝
公開: 2004年11月20日
上映時間:119分

声優:
倍賞千恵子
木村拓哉
美輪明宏
我修院達也
神木隆之介
大泉洋
大塚明夫
原田大二郎
加藤治子

主題歌:「世界の約束」
o 歌詞:谷川俊太郎
o 作曲:木村弓
o 編曲:久石譲
o 歌:倍賞千恵子

映画公開時のキャッチコピーは
o 「ふたりが暮らした。」(糸井重里)
o 「この城が動く。」
o 「生きる楽しさ。」
o 「愛する歓び。」


ランキングが上がる事が気持ちの支えになります。・゚・(ノ∀`)・゚・。
ご協力お願いしますぉ( ;∀;)
ブログランキング
17:41  |  アニメ  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
コメント
パス  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://neotsudayan.blog89.fc2.com/tb.php/621-a0f82b96
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。