更新情報

スポンサーサイト

--年--月--日(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  編集  |  Top↑

【アニメ映画】耳をすませば 動画 無料で視聴できます!

2009年12月29日(火)

【アニメ映画】耳をすませば
mimiwosumaseba

【Veoh】


【ku6 1/2】

【ku6 2/2】


【56.com】


【56.com】


【56.com】


【Dailymotion 1/6】

【Dailymotion 2/6】

【Dailymotion 3/6】

【Dailymotion 4/6】

【Dailymotion 5/6】

【Dailymotion 6/6】



【映画詳細情報 Wikipediaより】
『耳をすませば』(みみをすませば、英題:Whisper of the Heart)は、柊あおいの漫画作品、およびそれを原作とした近藤喜文監督、スタジオジブリ製作の劇場アニメ作品。
アニメ映画版では、背景美術として東京都多摩市と同武蔵野市を描写した絵柄が多く見られる。略称は「耳すま」。

映画:1995年7月15日公開。同時上映は『On Your Mark ジブリ実験劇場』。日本で「ジブリがいっぱいCOLLECTION」シリーズとして発売されたセルビデオは、40万本を出荷した。
あらすじ:
読書好きの中学3年の月島雫は、父の勤める図書館へよく通うが、自分の読む本を全て先に借りて読んでいる「天沢聖司」の名前に気がつく。その天沢聖司が同級生だと知るのに時間はかからなかったが、天沢聖司のことが何かと気になる雫。
ある日、図書館への道で変な猫を見つけ、その猫を追いかける。猫は小さなアンティークショップ「地球屋」へ入ってゆき、雫は店で老人・西司朗と出会う。西老人は聖司の祖父で、彼は地下の工房でヴァイオリンを作っていた。聖司はヴァイオリン職人になるためにイタリアへ留学したいという夢を持っていた。
確固たる目標を持っている聖司に比べて、何をするべきかが分からない雫。雫は自分の夢を求め、物語を書き始める。

キャッチコピー:
好きなひとが、できました(糸井重里)

スタッフ
監督:近藤喜文
脚本・絵コンテ・制作プロデューサー:宮崎駿
作画監督:高坂希太郎
美術:黒田聡
音楽:野見祐二
製作:耳をすませば製作委員会(徳間書店、日本テレビ放送網、博報堂、スタジオジブリ)
制作:スタジオジブリ
配給:東宝
公開:1995年7月15日
上映時間:111分

主題曲
オープニングテーマ
「Take Me Home, Country Roads」 作詞・作曲:ジョン・デンバー、ビル・ダノフ、タフィー・ナイバート、歌:オリビア・ニュートン=ジョン
※ちなみに、オリビアもまたカバー歌手であり、原曲の歌手はジョン・デンバー自身。
エンディングテーマ

「カントリー・ロード」 日本語訳詞:鈴木麻実子、補作詞:宮崎駿、編曲:野見祐二、歌:本名陽子
※上記の曲に日本語詞をつけたもの。劇中では雫が訳詩した設定になっている。

声優:
月島雫(声:本名陽子)
天沢聖司(声:高橋一生)
月島靖也(声:立花隆)
月島朝子(声:室井滋)
月島汐(声:山下容莉枝)
バロン(声:露口茂)
西司朗(声:小林桂樹)
西の友人(声:井上直久、鈴木敏夫)
高坂先生(声:高山みなみ)
原田夕子(声:佳山麻衣子)
杉村(声:中島義実)
原田夕子の父(声:中村晴彦) 
絹代(声:飯塚雅弓)
ナオ(声:千葉舞)

ランキングが上がる事が気持ちの支えになります。・゚・(ノ∀`)・゚・。
ご協力お願いしますぉ( ;∀;)
ブログランキング
14:24  |  アニメ  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
コメント
パス  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://neotsudayan.blog89.fc2.com/tb.php/613-4ed5dc5b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。