更新情報

スポンサーサイト

--年--月--日(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  編集  |  Top↑

【映画】おっぱいバレー 動画 無料で視聴できます!

2009年12月19日(土)

【映画】おっぱいバレー


笑って、泣いて、胸いっぱいスペシャル!!
【Pandora】


本編
【56.com】

【56.com】

【56.com】



【映画詳細情報 Wikipediaより】
概要:
作品の舞台は静岡県三ケ日町(現浜松市北区)。
2006年11月に初版が泰文堂「リンダパブリッシャーズ」から発売され、2009年3月に「おっぱいバレー(1)」、「おっぱいバレー(2)恋のビーチバレーボール編」が発売された。
原作者の水野がラジオの構成作家をしていた時代に、番組中の電話で男子バレーボール部の顧問をしている女性教師から聞いた「優勝したら部員におっぱいを見せる」という話をモチーフに高校バレーを取材して創作された[1]。 実話を基にしてはいるが、実話をヒントに創作されたフィクションのオリジナル作品であって、ノンフィクションではない[2]。
よって小説版は舞台こそ三ケ日中学校をイメージした架空の「三ケ崎中学校」を中心に物語が進むが、実在する三ケ日町・三ケ日中学校は実話とは一切関係ない。
2008年に映画化が発表され、2009年4月18日公開。
主演は綾瀬はるか。共演に青木崇高、仲村トオルなど。
時代設定は1979年に変更され、1970年代末のニューミュージックやポップスが挿入歌として多数使用された。
ロケは主に福岡県北九州市・直方市で行われた。また原作と異なり、舞台が三ケ日町ではなく北九州市に、中学校名が三ケ崎中学校から戸畑三中(架空)に変更されている。舞台が北九州市に変更されたため、当時市内で運行されていた路面電車を登場させているが、当時あった西鉄北九州線が既に廃止されているため、代わりに筑豊電気鉄道を利用し撮影を行った[3]。

監督     : 羽住英一郎
製作総指揮 : 奥田誠治 堀健一郎
脚本    : 岡田惠和
出演者  : 綾瀬はるか 青木崇高 仲村トオル 石田卓也 大後寿々花 福士誠治 光石研 田口浩正
        市毛良枝 木村遼希 高橋賢人 橘義尋 本庄正季 恵隆一郎 吉原拓弥
音楽    : 佐藤直紀
主題歌  : Caocao 「個人授業」
公開    :  日本 2009年4月18日 香港 2009年7月1日 中華民国 2009年7月24日
上映時間 : 102分

ランキングが上がる事が気持ちの支えになります。・゚・(ノ∀`)・゚・。
ご協力お願いしますぉ( ;∀;)
ブログランキング
19:01  |  映画  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
コメント
パス  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://neotsudayan.blog89.fc2.com/tb.php/494-553a5e31
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。