更新情報

スポンサーサイト

--年--月--日(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  編集  |  Top↑

アニメ【ドラゴンボールGT】全話無料で見れます!

2007年11月06日(火)

【アニメ】ドラゴンボールGT









究極のドラゴンボール編
【第01話】謎のDB出現!!悟空が子供に!?

【第02話】主役は私!パン宇宙に飛び立つ!!

【第03話】超ガメツイ!!商人の惑星イメッガ

【第04話】ウォンテッド!!悟空が指名手配!?

【第05話】強いヤツ見っけ!!用心棒レジック

【第06話】ちょっとイテえぞ!?悟空の歯医者

【第07話】愛しのハニー!?花嫁はトランクス

【第08話】悟空もドッカン!!おヒゲパワー全開

【第09話】シマッタ!!悟空飛び込む罠の星!?

【第10話】踊ってアタック!?ボンパッパー!!

【第11話】ルードの呪い!?人形にされたパン

【第12話】神のお告げは超迷惑!!ルード起動

【第13話】こいつが親玉!?謎の科学者ミュー

【第14話】リズムでバッチリ!?ルード攻略!

【第15話】もうグレてやる!!パンの家出!

【第16話】マシン惑星M2…裏切りのギル!?

【第17話】パンにおまかせ!悟空救出作戦!!

【第18話】データにゃないぜ!!悟空の超本気

【第19話】出陣!!最強ミュータント・リルド

【第20話】たまげたぞ!!悟空を襲う金属津波

【第21話】何てこった!!金属板になった悟空

【第22話】暴かれた野望!!邪悪生命体ベビー

【第23話】隠された危機!?難破船と謎の少年

【第24話】ベビー逆襲!!狙われたサイヤ人!!

【第25話】大変だ!!地球にベビーが現れた

【第26話】悟飯と悟天…最悪の兄弟ゲンカ!?


ベビー編
【第27話】野望完成!?乗っ取られたベジータ

【第28話】悟空帰る…地球は全部オラの敵!?

【第29話】超ヤバイ!?超サイヤ人3敗れる!!

【第30話】悟空消滅!?オラは死んじまっただ

【第31話】アッと驚く!?スゴロク空間大崩壊

【第32話】悟空を返せ!!怒りの戦士ウーブ

【第33話】くらえベビー!新生ウーブ必殺光線!!

【第34話】変身失敗!?悟空の大ザル大暴れ!!

【第35話】最強!!悟空が超サイヤ人4に!!

【第36話】不死身の怪物!?凶悪大ザルベビー

【第37話】壮絶!!ベビーと悟空ダブルKO!!

【第38話】みんなの力で…超サイヤ人4復活

【第39話】これで最後だ!ついにベビー消滅

【第40話】地球爆発!!ピッコロの重大な決意


天下一武道会
【第41話】天下一武道会 サタンの後継者は誰


悟空外伝!勇気の証しは四星球(スーシンチュウ)
【外伝】悟空外伝!勇気の証しは四星球


超17号編

【第42話】死ね悟空!!地獄から蘇る強敵たち

【第43話】地獄の魔戦士!セル&フリーザ復活

【第44話】究極の人造人間!二人の17号合体

【第45話】急げ悟空!!地獄からの脱出大作戦

【第46話】激突!!スーパーサイヤ人4 vs. スーパー17号

【第47話】大逆転!悟空と18号の二段攻撃さく裂


邪悪龍編
【第48話】これはビックリ!神龍が敵に?!

【第49話】最強の敵?!恐怖の裏ワザを使う龍

【第50話】サイヤパワー玉砕!?電気獣五星龍

【第51話】六星龍!大竜巻攻撃の弱点を探せ

【第52話】パンあぶねぇ!七星龍のとっておき

【第53話】パンが消滅!?涙の10倍かめはめ波

【第54話】摂氏6000度のパワー!太陽の戦士

【第55話】ブルマ動く!ベジータ改造計画

【第56話】太陽の次は極寒!炎と氷の兄弟龍

【第57話】強さ圧倒的!!邪悪龍を支配する龍

【第58話】反撃開始!スーパーサイヤ人4を超えろ

【第59話】敵か味方か…大猿ベジータ大暴れ

【第60話】フュージョン!!究極のスーパーゴジータ

【第61話】絶対勝つぞ!四星球を食った悟空

【第62話】悟空を救え!最後の味方登場

【第63話】奇跡の逆転勝利!!宇宙を救った悟空

【最終話】さらば悟空…また逢う日まで




【詳細情報 Wikipediaより】
《概要》
原作漫画および『ドラゴンボールZ』共通の最終話から5年後の世界が舞台の完全オリジナル作品。タイトルにある『GT』は、放送開始前の『週刊少年ジャンプ』本誌の特集記事及び、DVD-BOX内の鳥山自身の記載によると「Grand Touring(グランド・ツーリング)」(壮大なる旅)の略であり鳥山明本人が命名したもの。(ただし集英社刊行の「ドラゴンボールGTパーフェクトファイル vol.1」によると「Great Touring(グレート・ツーリング)」(偉大なる旅)、「Galaxy Touring(ギャラクシー・ツーリング)」(銀河の旅)などの意味も含んでいる、という表記がある。)「究極のドラゴンボール」(「ダークドラゴンボール」と表記する文献もある)の力によって孫悟空が子供になった事から始まる。
『ドラゴンボール』初期のように、冒険主体のストーリー構成となっており、最終回にて「ドラゴンボール」そのものの歴史に終止符を打つ。
原作者である鳥山はロゴデザイン、主要キャラと一部の敵(レジック)、および初期プロット(宇宙を飛び回るというストーリー)デザイン以外ノータッチであり、主要スタッフは大幅に交代した。作品のBGMはDr.スランプ アラレちゃんの時代から15年間BGM作曲に携わってきた菊池俊輔から徳永暁人にバトンタッチされ、本作のために作曲されたBGMと映画「最強への道」で使われたBGMが使われた。
2005年に発売されたDVD-BOXは『無印』・『Z』を抑えてシリーズ最大の部数を売り上げた。
超サイヤ人4のデザインは鳥山本人ではなくキャラクターデザインを担当する中鶴によるもの。この話題についてはDVD-BOX内で鳥山本人により語られている。DVD-BOX内に描かれた超サイヤ人4が、原作者が初めて描いた超サイヤ人4という事になる。
因みに、テレビ放送版の最終回ではクライマックスに『無印』・『Z』を含めた全主要声優や主要スタッフの名が流れたが、DVD版ではGTのスタッフのみになっている。

《あらすじ》
究極のドラゴンボール編
第1話~第26話。
悟空がウーブと修行の旅に出てから5年。悟空の教えを受け15歳になったウーブは、立派な戦士になっていた。願いを叶えてから一年以内に揃えないと使った星そのものが消滅するという究極のドラゴンボールを、世界征服を企むピラフが使ってしまう(しかも、そのときの願いを神龍が勘違いしたことにより、悟空は子供の姿にされてしまう)。悟空は、パンとトランクスと共に、ドラゴンボールを集めるため宇宙へと旅立つ。

ベビー編
第27話~第40話。
究極のドラゴンボールを集め地球に戻った悟空たちは、新たな脅威に遭遇する。かつてサイヤ人によって滅ぼされたツフル人の生き残りの細胞からドクターミューが作り出した、ベビーが地球に来襲し、サイヤ人に対する復讐のために乗りだし、ベジータの体を乗っ取り、地球人を洗脳してしまう。その戦いの中で悟空は超サイヤ人4へと変身する。悟空達は何とかベビーを倒したが、地球爆発は阻止できなくなってしまった。そこでピッコロは命がけで悟空を助け、地球と運命を共にする。

天下一武道会
第41話。
ピッコロの犠牲とナメック星のポルンガの力により地球は元に戻った。そこで、ミスター・サタンの後継者を決める為、久しぶりに天下一武道会が開催された。

悟空外伝!勇気の証しは四星球(スーシンチュウ)
41話と42話の間に放映された番外編、作品時間軸では最終回で悟空Jr.が天下一武道会に出場する前の出来事(サイドストーリー)とされている。
100年後の世界を描いた話。パンは悟空の昆孫(こんそん孫の孫の孫、六代後)に当たる孫悟空Jr.と二人で暮らしていた。悟空Jr.は、容姿は悟空そっくりだが臆病な性格で、学校ではいつもいじめられていた。そんな中、パンが病気で倒れる。悟空Jr.は、高祖母のパンを助けるため、ドラゴンボールを探しに孫家が以前住んでいたパオズ山の家へ向かう。
悟空の仲間は、110歳のパン以外は誰も生きていないと語られている。
なおそのストーリー内では終盤、悟空は悟空Jr.の前に現れた。

超17号編
第42話~第47話。
地獄の底で、二人の男が手を握る。それは、地球一の科学者ドクター・ゲロ。そして、宇宙一の科学者ドクター・ミュー。二人が手を組み、人造人間17号を使い悟空に復讐を企む。悟空は二人の17号が合体した超17号と対決する。

邪悪龍編
第48話~第64話(最終話)。
ドラゴンボールには、願いをかなえるとマイナスのエネルギーが溜まるという性質があることが判明した。そのマイナスエネルギーを浄化するには、通常約100年ほどかかるが、ここ50年の間に悟空達はドラゴンボールを多用してしまった事で、ボールの中から生まれた7匹の邪悪龍を倒さなければ、地球はおろか銀河全体が邪悪龍達に破壊されてしまうという深刻な状況になってしまう。孫一家とブルマの見守る中、悟空は正真正銘最後の戦いへ挑む・・・。

《主題歌》
FIELD OF VIEW『DAN DAN 心魅かれてく』
DEEN『ひとりじゃない』
ZARD『Don't you see!』
工藤静香『Blue Velvet』
WANDS『錆びついたマシンガンで今を撃ち抜こう』

《スタッフ》
企画:森下孝三、蛭田成一、古田竜也(東映アニメーション)、清水賢治、河井徹(フジテレビ)
原作:鳥山明(集英社『ジャンプコミックス』刊)
製作担当:末永雄一
シリーズ構成:松井亜弥
脚本:松井亜弥、久保田雅史、おおいとしのぶ、前川淳、矢島大輔、武上純希


ランキングが上がる事が気持ちの支えになります。・゚・(ノ∀`)・゚・。
ご協力お願いしますぉ( ;∀;)
ブログランキング
10:21  |  アニメ  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
コメント
パス  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。