更新情報

スポンサーサイト

--年--月--日(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  編集  |  Top↑

【ドラマ】東京ラブストーリー 動画 全話無料で視聴できます!

2009年11月01日(日)

【ドラマ】東京ラブストーリー


【第01話】出会いと再会
【Ku6】


【第02話】愛ってやつは
【Ku6】


【第03話】二人の始まり
【Ku6】


【第04話】君の翼になる
【Ku6】


【第05話】いつも思い出して
【Ku6】


【第06話】赤い糸に結ばれて
【Ku6】


【第07話】愛は待たない
【Ku6】


【第08話】この恋を信じたい
【Ku6】


【第09話】行かないで
【Ku6】


【第10話】約束
【Ku6】


【第11話】さよなら
【Ku6】



【ドラマ情報 Wikipediaより】
放送:
1991年1月7日~3月18日 フジテレビ系

脚本:坂元裕二
演出:永山耕三(1,2,5,7,9,11話)、本間欧彦(3,4,6,8,10話)
音楽:日向敏文

主題歌: 小田和正「ラブ・ストーリーは突然に」

内容:
フジテレビ月9ドラマの代表作。1991年1月~3月放映。鈴木保奈美、織田裕二が主演。原作では、永尾完治中心にストーリーが進んだが、ドラマではリカを中心にすえ、彼女の心情を描いた。同級生同士の完治、三上、さとみ。完治を「カンチ!」と呼ぶリカ。アメリカ育ちの帰国子女のリカは自由気ままに生き、まっすぐに恋をする。カンチもそのまっすぐなリカに惹かれるが、やがてその恋は思わぬ方向に向かう。
「お前の愛は重いんだよ」「よそに行っちゃうよ!」など劇中に有名な台詞がいくつかあるが、中でもリカが完治に言った「カンチ、SEXしよう」は特に有名。現在ではさほど違和感はなくなったが、当時はこのようなストレートな言い回しはあまり使われなかったため、世間を騒がす話題となった。
月曜日の夜に街から女性が消えたといわれるほど大人気を博したとされる。柴門ふみがつけた副題は、「東京では誰もがラブストーリーの主人公になる」。タイトルバックは、東京の街で、出勤途中の人混みの中や、ビル群の前で、出演者がキスをしていたり、歩いていたり、走っていたり、公衆電話をかけたりする内容であった。
平均視聴率は22.9%、最高視聴率は最終話の32.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。主題歌は小田和正の「ラブ・ストーリーは突然に」。ドラマのストーリーと非常にマッチした楽曲で、シングル売上は270万枚。当時日本のシングルCDで最大のヒットとなった。なお織田裕二は本作を経て、テレビ局がもっとも力を注ぐ時間帯に企画するドラマの主演級を務めることができる俳優としての評価を確立した。
後に後日談的なストーリーも作られている。

出演:
鈴木保奈美
織田裕二
江口洋介
有森也実
千堂あきほ
西岡徳馬


ランキングが上がる事が気持ちの支えになります。・゚・(ノ∀`)・゚・。
ご協力お願いしますぉ( ;∀;)
ブログランキング
16:40  |  ドラマ  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
コメント
パス  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://neotsudayan.blog89.fc2.com/tb.php/152-43bab388
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。